産後の再就職について

女性にとっての一大イベントである、出産ですが、その後に再就職できるかどうかというのは重要な問題です。

会社に育児休暇のあるかどうか、十分に取得できるかどうかによって仕事を続けられるかどうかが変わってきます。

育児休暇復帰後に、いわゆる育休切りと呼ばれる不当な降格や減給などを受ける人もいるようです。

リストラ対象となる可能性もあります。働く女性の出産・育児支援制度の整っている会社に勤めているか、そうでないのなら転職し、ある程度キャリアを積んでから出産を考えるほうが良いでしょう。

福利厚生が充実している大企業や公務員がやはりおすすめです。

また、キャリアアップのための転職を考える女性にとっても、転職を行った後はしばらく妊娠を待つ必要が出てくるので、タイミングは重要になります。

特に日本では、新卒などの場合は女性の就職にもハンデはほとんどありませんが、出産後となると、女性の再就職は難しくなっています。

出産後は育児などに時間をとられることになるため、正社員雇用がまず少なく、派遣やパートタイムといった働き方を選ぶ人も多いです。

産後に正社員で再就職ができたとしても、次に問題になってくるのは、子供の預け先です。特に関東の都心部などは、保育園の激戦区となっており、保育園に入園できるかどうかも確実ではありません。

再就職後の預け先や万が一の時の対応、連絡方法などは、予め準備しておく必要があるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ